『世界を変えるデザイン』より

「傘が要るとき、デパートで38ドルもするデザイナーブランドのモデルを買うより、
地元の安売り店で1ドルの機能的な黒かさを買う方がいい。
38ドルの傘の方が長持ちするのはわかっているが、
自分が1ヶ月もしないうちにどこかに忘れてくるだろうというのもわかっている。…
農村の貧困層も同じように考える。ただし大きな違いがある。
彼らはその1ドルの傘を7年もの間、使える状態に保つのだ。最後はつぎはぎだらけで、
持ち手には添え木が3,4本つけてあるが、それでもまだ使える。」


「世界を変えるデザイン」p42-43より抜粋
シンシア・スミス 編
槌屋詩野 監修
北村陽子 訳

・・・・・・・・・・・・・・・

大学院2年の夏、フィリピンの首都マニラのスモーキーマウンテンを訪れた。
そこでは確かに、傘はぼろぼろになるまで使用されていた。
それも傘としての機能が無くなった後、当然のようにリメイクが施されていた。

f0209541_050147.gif

f0209541_0501785.gif


日本で拾ったりもらったりする傘は、あまりに綺麗すぎると改めて思った。


No.000 HOUKO
[PR]
by CASAPROJECT | 2011-01-11 00:54 | report


CASAメンバーによる活動リポートです。


by CASAPROJECT

プロフィールを見る
画像一覧

about

CASA PROJECTとは、不用になった傘を新しく生まれ変わらせるプロジェクトです。
http://casaproject.com/

CASA-reportでは、代表のHOUKOをはじめ、プロジェクトに共感を持ったCASAメンバーたちが制作した作品の発表や、ワークショップなどの告知を行っていきます。

CASAメンバー登録について

カテゴリ

CASA-reportって?
report
announce
CASAメンバー登録
CASA-shareって?
投稿方法

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧